新型デミオ、ジュネーブモーターショーで発表!

| ニュース

マツダは第77回ジュネーブモーターショー(3月6−18日)でオールニューの『マツダ2』、日本名『デミオ』を発表する。2002年に“Zoom- Zoom”始まって以来、マツダ2/デミオは次世代に進化する最初のモデルとなる。したがって新型はZoom-Zoomの進化を表現するモデルでもある。


新型デミオ画像
posted by evolv at 00:05 | Comment(26) | TrackBack(7) | ニュース

【リコール】マツダ、ボンゴ などのロアアームで不具合

| リコール情報

マツダは2日、『ボンゴ』など5車種のロアアームに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

04年11月から06年4月までに生産された6万5756台が対象。フロントサスペンション製造工程で組み付け作業が不適切なため、ロアアームとロアアームボールジョイントの組み付けボルトで締め付けが不十分なものがある。

そのまま使用を続けるとボルトが緩み、最悪の場合、ボルトが折損して走行不能になる恐れがある。
posted by evolv at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | リコール情報

マツダは『葉風』を出品 【ジュネーブモーターショー07】

| ニュース

マツダは、2007年3月6日から18日まで開催される第77回ジュネーブモーターショーに新しいデザインコンセプトカー『
マツダ葉風(はかぜ)/Mazda HAKAZE』をワールドプレミアとして出品すると発表した。

マツダ葉風は、アクティブなライフスタイルを送る30−40歳代をターゲットにしたクーペスタイルの4人乗りコンパクトクロスオーバーSUVであり、欧州のデザインセンターでデザインした。


マツダ葉風は「流」(ながれ)、「流雅」(りゅうが)に続くNagare(ながれ)コンセプトを採用したデザインコンセプトの第3弾で、止まっているときでさえ、しなやかに風を切って走っているかのようなデザインを目指した。

エクステリアは、ボディサイドに風紋のようなテクスチャーを施し、質感、塊感のあるボディスタイルとなっている。ルーフの後部は取り外し可能で、オープンエアー感覚が味わえる構造となっている。

インテリアは、リアシートがフロントシートの下に収納できるユニークなシートレイアウトにより、荷室スペースが充分確保されている。

個人的にはここ最近のコンセプトカーの中では一番かっこわるいかなぁと・・・
posted by evolv at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース
MAZDA関連ブログ記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。