ジャガー XK とマツダ RX-8、デザイナーが受賞

| ニュース

スコットランド・モータリング・ライター協会は、主催する2006年ジム・クラーク記念賞を、それぞれジャガーとフォードでデザイナーを務めるイアンとモーリーのキャラム兄弟に授賞した。20日、式典が行われた。

ジム・クラーク記念トロフィは、自動車界に多大な貢献をしたスコットランド人に贈られる。過去にはサー・ジャッキー・スチュワート、コリン・マクレー、トム・ウォーキンショー、アラン・マクニッシュらが獲得している。

同協会会長のスティーブン・パークは授賞理由を次のように語る。

「イアンは2度目の受賞となるが、ジャガーの新型スポーツカー『XK』のすばらしいデザインを開発し、ジャガーの新しいデザインの方向性を確立したことを見つめるべきだ。弟のモーリーはマツダのデザイン部を率いて、『RX-8』や『MX-5』(日本名『ロードスター』)といったクルマを送り出し、ブランドの再活性化を成し遂げた」

イアン・キャラム(51歳)は1979年、フォードでキャリアを始める。フィエスタ、モンデオ、RS200(ミッドエンジンのラリーカー)、エスコートRSコスワース、ピューマなどの内外装デザインを手がけた。最近の作品はアストンマーチンDB7、同バンキッシュ、ボルボC70、ランドローバーレンジローバー、そしてジャガーXKがある。現在ジャガーのデザイン部長。

モーリー・キャラム(48歳)はクライスラーUK、PSAプジョーシトロエン、イタリア、トリノのギアなどで経験を積む。ギアでは『ビア』コンセプトをはじめ、ジャガーやアストンマーチンのプロジェクトに関わった。1995年にフォードに異動、2001年からはマツダのデザイン部門を監督した。去る4月28日付けで広島を去り、フォードグループの北米ブランド乗用車担当デザイン部長に就任した。
posted by evolv at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース

マツダファン・サーキットディ。サーキットで Zoom-Zoom !!

| ニュース

ブレインズスポーツジャパンは、7月22日(土)に『マツダファン・サーキットディ』を筑波サーキットにて開催する。

RX-8』や『ロードスター』によるナンバー付きレース『パーティレース』をはじめ、ほぼ全てのマツダ車が参加できるサーキット競技『マツダスピードカップサーキットトライアル』や当日来場車による『オールマツダ・パレードラン』などが行われ、マツダ車ユーザーなら誰でもサーキットでの走行を楽しむことができる。

その他にも、キャラクターショーやペダルカーレースなども行われ、家族で楽しめる内容となっている。

また、このイベントの招待券が20組40名に当たるキャンペーンも実施している。


マツダファン・サーキットディ2006
●日時:2006年7月22日(土) 8時−17時
雨天決行
●入場料:2000円(パドックフリー/当日販売のみ)
中学生以下無料
●開催内容
レース:RX-8パーティレース第2戦、ロードスターパーティレース第2戦      
アトラクション:オールマツダ サーキットパレードラン(来場全てのマツダ車によるパレード走行)、パーティレース for キッズ(2−5歳児を対象にしたペダルカーレース)、ステージアトラクション(ウルトラマンジャックミニショー、勝ち抜きカラオケトライアルなど)

マツダファン・サーキットディ招待券プレゼント
●当選人数:20組40名
●応募方法:プレゼント応募ウェブページにアクセスして応募する。
●締め切り:6月30日
●発表方法:当選者に発送をもって発表とする
posted by evolv at 14:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

MPV(ターボ車)のリコールについて

| リコール情報

平成18年4月24日、マツダ株式会社は下記のリコールを国土交通省に届出しました。


リコール届出番号 1659
リコール開始日 平成18年4月24日

【リコール内容】
エンジンの搬送工程における作業が不適切なため、作業中にオイルフィラーキャップを緩めてしまったものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、高負荷運転時に当該キャップ部からオイルが飛散し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。


【改善措置の内容】
全車両、オイルフィラーキャップの締め付け状態を点検し、緩んでいる場合は確実に締め付けます。また、オイルが漏れている場合は、洗浄及び部品交換の処置をします

【型式】
DBA-LY3P

【対象車の車台番号の範囲】
LY3P-102849〜LY3P-110010
平成18年2月9日〜平成18年4月4日
posted by evolv at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | リコール情報

マツダの軽自動車のサイトオープン!

| 日記

マツダは自社で扱っている軽自動車5種の情報を見やすくまとめた、軽自動車用のサイトをオープンしました。

取り扱っているのは
・AZ-WAGON
・SPIANO
・CAROL
・AZ-OFFROAD
・SCRUM

の5車種です。

HAPPY COLORS マツダの軽
posted by evolv at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マツダ、米に独自の新工場計画

| ニュース

マツダが米国に独自の新工場建設を検討していることが十七日、分かった。北米で今後、大幅な販売拡大を見込むため、現地生産体制の強化が必要と判断した。二〇〇七年度から始まる次期中期計画に建設候補地などを盛り込む予定で、今年末にも結論を出す。100%出資の海外工場を建設すれば、一九八七年に稼働した米国生産会社(旧MMUC)以来、約二十年ぶりの大規模事業となる。(寿山晴彦)

マツダは並行して、米フォード・モーターがリストラで閉鎖する北米の工場を大幅改修して使う可能性も探っている。コスト負担は独自工場建設より少ないものの、生産方式などで制約を受ける懸念があるため、現在、両案のコストや収益性などを精査している。

MMUCは九二年にフォードと50%ずつ出資する合弁会社オートアライアンス・インターナショナル(AAI)となっており、100%出資工場が建設されると、海外で唯一の独自工場となる。

本年度、北米で二種類の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)を発売し、前年度比11%増の大幅な販売拡大を見込む。いずれも本社宇品工場(広島市南区)から輸出するため国内の総生産台数は生産能力の上限に迫る九十九万八千台に達し、現地生産の拡大を図る必要が出てきた。

ただ、独自工場の経営を採算に乗せるには、最低でも年産約十五万台の規模が必要。今後、北米に投入する新型SUVなどの売れ行きが、新工場の建設を判断する大きな焦点となりそうだ。

本年度は、三カ年の中期計画(マツダモメンタム)の最終年度に当たり、現地生産の増強策は次期中期計画に盛り込む予定で検討中。輸出比率が高いと為替変動リスクを抱え、最近の円高傾向が新工場建設の検討を加速させる可能性もある。
posted by evolv at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

マツダ、美祢の試験場を稼働開始

| ニュース

マツダは、今年1月に取得した美祢サーキット跡地(山口県美祢市)に手を加え、美祢自動車試験場として5月18日に開所式を実施した。

この新しい自動車試験場では、現在のところ周回路(3.3km)、コントロールタワー、汎用試験路などを設置。今後、大型旋回場や高速平坦路、中速ハンドリング路なども設置する予定だという。開所式には山口県の綿屋滋二副知事、美祢市の小竹伸夫市長ら県と市の関係者が出席したほか、マツダからは井巻久一代表取締役社長兼CEOほか関係役員が出席し、安全祈願祭とテープカットを行い、新しい試験場の門出を祝った。

マツダは山口県防府市に2 つの車両組立工場とひとつの変速機組立工場からなる防府工場を有している。同工場の製造品出荷額は、防府市の全出荷額の約71%、山口県全体では約13% を占める基幹工場となっている。今回、同試験場を開設したことで、マツダにとって山口県はさらに重要性を増すこととなる。
posted by evolv at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

ライン マツダの井巻社長、意図的に販売台数を下げてでもブランド構築

| ニュース

マツダは4月28日、東京・日本橋のロイヤルパークホテルで2006年3月期決算の説明会を行い、井巻久一社長は今期(07年3月期)の販売方針について「意図的に台数を下げてでも、ブランドをつくっていく」と強調した。

マツダは過去、販売台数を稼ごうと大幅な値引き販売を行い、中古車価格が大きく下がったことがある。その結果、ユーザーからの信頼がなくなり、賢いユーザーはマツダ車を敬遠する傾向が強くなった。それがある意味で、マツダが90年代後半危機的状況に陥った一因でもあるが、井巻社長はその同じ轍を踏まないようにしようというわけだ。

「いま、マツダのブランドができつつある。国内では、『アテンザ』はどのクルマよりも下取り価格が高い。米国でも『マツダ3』は2年経っても値段が下がらない」と井巻社長。

マツダは07年3月期の世界出荷台数を当初目標の125万台から121万台に下げたが、そこにはブランドを大事にしたいという井巻社長の熱い思いがある。

マツダは安く買えるけど、高く買ってくれるのはマツダだけだから次の車もマツダ車にせざるをえないなど、マツダ地獄なんて言葉があるくらい、リセール価格が悪くなりましたからね。
posted by evolv at 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

マツダ、台数削ってブランド強化と格闘 ライン

| 日記

ここ数年、業績好調なマツダについて、元日刊自動車新聞で自動車などの記事を担当していた池原照雄氏が語ってます。

◆中期計画の世界販売達成を先送り

マツダの業績回復が順調だ。2006年3月期は連結営業利益が初めて1000億円を突破、2期連続の最高益となった。3カ年中期計画の最終年となる 2006年度は、余勢を駆って「攻め」の一手と思われたが、中計の販売目標達成はあっさりと先送りした。フトコロに余裕が出た分で台数を追うのでなく、出遅れている北米できっちりとブランド力を高めようという戦略だ。

井巻久一社長は、中計「マツダモメンタム」の最終年となる今年度の課題の第1に「ブランドの更なる強化」を挙げた。マツダモメンタムでは2年目の05年度に、営業利益と有利子負債の圧縮について前倒しで達成。残るは125万台と掲げていた世界販売(出荷)のみとなっている。しかし、今年度の計画はあえて 121万台とし、来年度以降に先送りした。


◆2兎は追わないという明快な決断

ブランド力の強化と実力以上の販売増は相容れないという単純にして明快な決断を下したのだ。マツダは欧州ではホンダと互角以上に戦えるブランドロイヤルティを築いている。しかし、フォードモーターとの「分野調整」もあって北米では平凡なその他ブランドでしかなかった。

井巻社長が念頭に置くブランド強化は、その北米市場においてである。『3』や『6』で回復してきたマツダブランドへの信認をフリート販売比率の低下やインセンティブの削減で更に高めていく。

レンタカーやリースなど法人向け販売であるフリートは、手っ取り早く台数を稼げる。しかしそのツケは、リースアップした車両が中古車市場に出回る数年後にやってくる。多大なインセンティブで安売りされたクルマも同じ。


◆「その他ブランド」を脱する道筋

米国では中古車価格で示される「残存価値」へのユーザーの関心は高く、フリートとインセンティブはその価値の低下を通じてブランドを毀損する手法となる。米国でのマツダのフリート比率は05年度に12%と過去4年間で3ポイント下げたが、今年度は2ケタを割る水準を目指すという。

インセンティブも今年3月実績の台当たり1900ドル台から「更に削減する」(井巻社長)方針だ。米国市場では5月から新SUVの『CX-7』を投入、07年初めには1クラス上の『CX-9』も発売することから、今年度は大幅な上乗せが期待できる。

ただ、井巻社長が打ち出した米国の販売計画は3万台弱の増加。フリートとインセンティブの削減は何としてもやり遂げるという数字だ。これを確実に進めれば、「MAZDA」が「その他ブランド」群からひとつ抜きん出る足掛かりになる。


posted by evolv at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マツダ、高強度・高耐熱のバイオプラスチックを開発

| ニュース

マツダは、広島県内の産学官共同開発を通じて、自動車内装部品に使用できる外観品質や強度や耐熱性を持ち、放出成形の可能な、植物原料のプラスチックの開発に自動車業界で初めて成功した。

バイオプラスチックは、植物を原料としたカーボンニュートラルな材料で、化石資源の使用を減らせるためのCO2の排出を削減できる。

新開発のバイオプラスチックは、現在、電化製品等に使われているバイオプラスチックと比べ強度が約3倍、耐熱性が25%も向上しているのが特長。また、原料の製造過程で植物に含まれているでんぷんと等質の発酵を利用し、代表的な石油系プラスチックのポリプロピレンと比べ30%程度使用するエネルギーを減らせると共に、剛性が高いため部品を薄く成形でき原料を節約できるという。

さらに、自動車部品の生産に多用されている射出成形機で製造できるため、量産性にも優れ、マツダでは、数年後の商品への採用を目指し、研究開発を続けている。

マツダは、5月24日〜26日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」のマツダブースにて、新開発のバイオプラスチックを使用した自動車内装部品を展示するとのこと。
posted by evolv at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

鏑が次期RX-8!?

| RX-8のお話

最新号のホリデーオートの記事で、鏑のデザインが次期RX-8ではないかという記事がありました。

確か、鏑はショーの自転ではロードスターベースだったはず。
まぁもとはNCロードスターもRX-8のシャシーをベースにしていたはずですが。

とはいえ、マツダがRX-8をこのまま放っておかないで、熟成させて行く事を願います。

でも鏑は嫌かも^^
posted by evolv at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | RX-8のお話
MAZDA関連ブログ記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。