マツダ V6エンジン量産再開へ!!

| ニュース

マツダが乗用車向けでは同社で過去最大となる3500cc級のV型六気筒(V6)エンジンの量産を来年前半から始めることが十日、分かった。来年に北米で発売するスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―9」に搭載する。マツダは経営不振のため、上級車種向けのV6エンジンの量産を2003年で打ち切り、米フォード・モーターから供給を受けていた。6年3月期に過去最高益を上げるなど業績回復を受け、四年ぶりに生産を復活させるそうです!

マツダは経営再建を進める中で、乗用車向けの量産エンジンを直列四気筒に絞っていた。V6エンジンの製造は3年に生産中止した高級セダン「ミレーニア」用(排気量2500cc)以来で、3000cc以上の大型エンジンでは2000年に中止した高級セダン「センティア」用(3000cc)以来。

本社工場に専用の生産ラインを設け、地場メーカーなどから部品を調達して組み立てる。当面、宇品第一工場で生産する北米向けのCX―9用に月数千基程度を生産。続いて他の新型車向けにも、V6の生産を拡大させるとみられます。

フォードが開発した3500cc級エンジンをベースにマツダが大幅に改良を加え、排気量や馬力などを強化する。マツダは昨年まで一部車種向けにフォード製V6エンジンを輸入していたが、自社生産することで性能面でも独自性を高める。

マツダは一九八六年から高級セダンの旧「ルーチェ」用などにV6エンジンを開発、量産していたが、九六年のフォードとの提携強化後、グループで生産効率を高めるため3年で量産を中止。その後は1300〜2300ccの直列四気筒と、スポーツカー用のロータリーエンジンに開発、量産を絞っていた。

とはいえ、日産のように、すべてのクルマに同じ3500ccを積むような事はして欲しくないですね。
posted by evolv at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

マツダ試乗会でマツダスピードアテンザに試乗!

| 日記

先日来たDMで千葉マツダの船橋店で特別試乗会を行うのを知りました。

内容をみると、RX-8ロードスターマツダスピードアテンザマツダスピードアクセラに試乗できるとあるじゃないですか!マツスピのアテンザ、アクセラは中々ディーラーに行っても試乗車が無いので、これはチャンスとばかりに行ってきました。

友人と2人で、マツダスピードアクセラの話で盛り上がりつつ、試乗待ちが150人とか居たら大変だなんて笑い話をしているうちにマツダに到着。

すると総勢20名位のスタッフが迎える中、客が3組程度・・・大丈夫かマツダ

マツダスピードアクセラに試乗しに来た事を伝えると、なんと試乗車がくるのは明日だという!パンフには8日9日に開催と書いてあるのに9日にならないと無いとは・・・

到着直後にメインディッシュの存在が無いことを知り意気消沈・・・グフォ。

しかし、ただで引き下がるわけにもいかないと言う事で、マツダスピードアテンザはあるのか聞いてみると、それならあるという。それならと早速試乗依頼。
その際、アンケートを求められたんですが、内容は今の車に満足しているかと言うことでRX-8には大満足しているのですべて大満足に・・・と思ったがスペースユーティリティま満足位に留めておいた。
これは次期RX-8でもう少しがんばってくれと言うメッセージ^^

とは言うものの一番がんばってほしいのは・・・・・・ 燃費(笑)

アンケートに答えるとロータリーエンジン型のキーホルダーをくれた、アペックスシールをはめ込む溝なども再現されてるし、なかなかの重量感もあり今日はこれだけの為に来ても良かったなとさえ思う。

そして待望のマツダスピードアテンザとご対面

やはりインタークーラーと上置きにしたことによるボンネットの盛り上がりがかなりマッスル。リアのTバックデザインは写真でみるより少々チープな印象。RX-8もそうなんだけど、リアのアンダー処理が雑な気がする。(RX-8はリアのアンダーにメッシュがあるように見えるが実際はメッシュ上の模様が盛り上がってるだけで穴が開いていないメッシュフェイク、ユーザーの中には気合でくりぬく人もいるほど)
なんでもこのマツダスピードアテンザは横をすると他車よりもお金がかかるんだとか、それもデザイン上ドアの下のほうにFRP?のパーツが貼り付けられていてこすると割れるため、塗装プラスパーツ代が必要で他車で15万がマツダスピードアテンザは30万!マツダスピードアテンザを購入した際にはくれぐれも横はすらないようにしてください^^

前置きが長くなりましたが、マツダスピードアテンザの試乗インプレを少し。
まず、エンジンですが3000回転くらいまでのはNAと同じトルク感。それでもローターリーのRX−8よりは厚いトルクを感じます。4000回転あたりに来るとグッと過給によるパワーが出てきます。雑誌などではマイルドなターボと書かれてますが、NAに慣れている私などにはそれでも「うわっ」と思う加速感でした。エンジンは静かでマフラーのサウンドもほとんど気になりません。
マフラーの交換はリアのデザイン上、難しいと言うことなので、サウンドが欲しい人は難しいかもしれません。

足回りは固めてあるので、あまりロールしません。これを良しととるか嫌ととるかは分かれるところですね。乗り味はRX-8よりもハードでした。

シフトフィールはベースがFF車というこもあり、少々ロングストロークなのと遊びを感じました。クラッチは重くはなく軽い印象で、ミートポイントがかなり手前でした。ちなみに試乗中に一度エンスト・・・^^;

正直パワー感というものは圧倒的にRX-8よりも感じるのですが、ファンな部分はマツダスピードアテンザよりもRX-8でしょうか。
次回はマツダスピードアクセラに乗る予定なので、FR、4WD、FFのマツダトップブランドを乗り比べたいと思います。

もう少々書きたいところだけど書きつかれたのでまた次回。
posted by evolv at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

MPV in 湘南

| Cargirlレポート

目指せロコガール!仲良し三人組が「Cargirl流☆MPVで湘南ハワイアンツアー」を体験!

Cargirlレポートとは、フツーの女の子がクルマで出かけて、いろんな体験をしている様子をレポート。クルマがあるから楽しさが広がっていく。そんな時間をつ綴ったマツダのドライブ体験記です。


Cargirl レポート in 湘南


posted by evolv at 03:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cargirlレポート

RX-8、初めての車検

| RX-8のお話

なんだかんだと、RX-8が我が家にやってきて3年が経とうとしてます。

う〜〜〜ん・・・早い!!!

そんで3年っていうとアレです。車検があるんですよね・・・
なんだか今年の初めに自動車税を払ったばかりなのに、車検で今度は重量税まで払わされるんですよね。
普段アレだけガソリン税?はらってんのにまだ取るかと。

やはり金額が気になったのでディーラーに確認すると、その重量税と自賠責保険で大体9万5千位との事、そこに作業費とリサイクル税?と部品交換など混み込みで15万位だそうです。

イタタタタ・・・

でもその前に、最近やたらアイドリングが落ち着かないので一度見てもらう予定。
posted by evolv at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | RX-8のお話

マツダスピードアクセラが当たるプレゼント!!?

| アクセラ

クルマ総合誌『CARトップ』の通巻600号を記念して、“3号連続キャンペーン”と題した、新車が当たるオープン懸賞を実施するそうです。
その『CARトップ』8月号(6月26日 発売)の第2弾プレゼントとして、マツダマツダスピードアクセラ』が1名にプレゼント!!!!

やばい・・・

ヤバスギ!!!


応募方法は、『CARトップ』8月号の懸賞告知ページ内にある簡単なクイズに答えるだけで応募できるので、免許さえもっていれば誰でも応募できるオープン懸賞です。

官製ハガキに、クイズの答えと〒&住所・氏名・年齢・性別・電話番号・職業を明記の上、〒101-8524(株)交通タイムス社CARトップ編集部「MAZDASPEEDプレゼント」係まで郵送する。

ちなみに、クイズの答えは・・・自分で考えようw
というか簡単です^^

応募締め切りは、平成18年7月25日(火)当日消印有効。応募の抽選は、公正な第三者立ち会いのもと、クイズ正解者の中から厳正に抽選を行なう。
当選のお知らせは、当選者本人への直接連絡のほか、『CARトップ』11月号(9月26日 発売)および交通タイムス社ホームページにて発表。

はっきり言って応募したいが、雑誌にも書いてあるが基本的にこれ、当選した人間が乗らないとだめで、譲渡や売却は出来ないのです。
つまり、奇跡的に当選した場合は我がRX-8と別れを告げて乗り換えるOR2台所有する(はっきりいって無理w)になるんですよね。

posted by evolv at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセラ

マツダ純正ナビがパワーアップ!ワンセグ 対応や iPod に対応

| ニュース

マツダは、販売店装着オプションとして設定しているナビゲーションシステムのラインアップを一新し、7月1日から発売すると発表した。

新ラインアップは全11機種とし、顧客ニーズの高いHDDナビを従来より3機種多い9機種設定。
更に、地上デジタルTV チューナーや『iPod』対応アダプター、Bluetooth(ブルートゥース)ハンズフリー通話機能などの対応機種を増やすことで、最新のエンターテインメント機能を強化したラインアップとした。

さらに、インパネ上面に設置するオンダッシュタイプのナビゲーションには、モニターを格納できる収納ボックスを用意。

最近のMC後モデルはオーディオレスも設定できるものも増えてきましたが、RX-8などは未だにメーカー純正品をつけなければ見た目が美しくないわけで、こういったパワーアップは嬉しいですね。

まぁ私のナビが良くなるわけじゃありませんが・・・
posted by evolv at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
MAZDA関連ブログ記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。