新型MPVはサードシートの格納の仕方が変わりました

| MPV

マツダ新型MPV(の大きな変更点のひとつがサードシートの格納方法。先代まではバックレストを倒した後に反転させながら床下に収納する、オデッセイと同じ方法。新型MPVは背もたれの部分が前方に沈み込み、ワンタッチで格納できるようになった。

旧型MPVの方法も格納時のラゲッジが広いというメリットはあったのですが、サードシートの後にあるトランクスペースに物が入っている場合は、その物を出さないとサードシートが格納できないという問題がありました。新型MPVはこの点を克服したことになる。

新型MPVの格納方法は、格納方法もワンタッチで簡単になっている。また、オプションで電動復帰する機能も用意され、小柄な女性には嬉しい配慮。復帰だけ電動にしたのは、可倒するときには力が要らず素早く倒せるからだそうです。

実際に新型MPVサードシートの格納方法は先代よりも簡単になり、その上でトランクスペースも十分に確保されている。多少フロアは高くはなるが、このほうが使い勝手には優れている様に思える。新しくなったサードシートの格納方法も新型MPVの見所のひとつかも知れない。
posted by evolv at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | MPV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

MAZDA関連ブログ記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。