MPV(ターボ車)のリコールについて

| リコール情報

平成18年4月24日、マツダ株式会社は下記のリコールを国土交通省に届出しました。


リコール届出番号 1659
リコール開始日 平成18年4月24日

【リコール内容】
エンジンの搬送工程における作業が不適切なため、作業中にオイルフィラーキャップを緩めてしまったものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、高負荷運転時に当該キャップ部からオイルが飛散し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。


【改善措置の内容】
全車両、オイルフィラーキャップの締め付け状態を点検し、緩んでいる場合は確実に締め付けます。また、オイルが漏れている場合は、洗浄及び部品交換の処置をします

【型式】
DBA-LY3P

【対象車の車台番号の範囲】
LY3P-102849〜LY3P-110010
平成18年2月9日〜平成18年4月4日
posted by evolv at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | リコール情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18019678

強力、耐熱ネオジウム磁石4300ガウスでオイ
Excerpt: オイル交換と同時に取り付けました。工具に付けてみるとピッタリと付くくらい磁力は強いです。エンジンは快適に回っていますが・・オイル粘度を下げた事もあるかも知れません。次回のオイル交換が楽しみです。・・オ..
Weblog: オイルがいっぱい
Tracked: 2007-09-07 12:49
MAZDA関連ブログ記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。