「先駆」から考える次期「RX-7」のデザインとは?

| 日記

先駆


2005年モーターショーにて出展された「先駆」。
これは、大人のための4シーターロータリースポーツ」のひとつの方向性を提示するコンセプトカーという。実際には2+2のシート形状で、2ドアなので「RX-8」よりは、スポーツしてる…
かと思えば、ドアはスライドドアだったりする。

「剛性は大丈夫なの?」

なんて声が聞こえてきそうですが、MAZDAの出展者は「漢字の車はコンセプト」「英字の車は販売直前車」という事を考えると、ただのコンセプトなのでしょう。
しかし、ロータリー車のコンセプトで思い出すのが、「RX-EVOLV」という「RX-8」のコンセプトカー。
となると、これは「RX-7」のコンセプト、なんて事もあるのでは?
実際、いくつかのカー雑誌でもデザインの方向性は「先駆」なんて記事もあったりする。

デザインの方向性が「先駆」!!!!!?

ちょっ…ちょっとまってよマツダさん。俺の「RX-7」像と「先駆」はあまりにもかけ離れてるよ。前後ショートオーバーハングでワンモーションフォルムと書くと、ファンな感じもしてくるけど、

エキゾチックじゃないよ!

スポーツじゃないよ!

ソウルが感じられないよ!

衝突安全とか分かるけど、あんなに、ボンネットが高いのは…
なんで、個人的にはアレに近い姿で時期「RX-7」が出てくるのだけは悲しいです。

RX-7

まぁあくまで噂なんですけどね
posted by evolv at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

MAZDA関連ブログ記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。