そろそろ新型MPVを整理して見よう

| マツダ車の紹介

そろそろ、細かい話が上がってきても良い頃なんですがね、新型MPV



デザイン面は正常進化でより洗練された面の作りですよね。
エスティマのようなワンモーションにもならず、エルグランドのようなワンボックスのようにもならず、MPVらしさを磨いてきたといった感じでしょうか。

まぁワンボックスはボンゴフレンディがあるわけですが…もうやだ〜(悲しい顔)

さて、新型MPVはエンジンはMPSアテンザに搭載される2.3の直噴ターボexclamation3リッターからの排気量ダウンながらトルク・パワーともに上回るらしい。
プラットホームのベースもアテンザexclamation
但し、フロア周りは新設計exclamationこれはより多くの乗員と荷室が必要になる為でしょう。

サスペンションは、アテンザがフロントダブルウィッシュボーンに対して、MPVはストラットに変更。リアは取り付け方が異なるが、アテンザと同じくマルチリンク式。

ミッションは6ATというから、ちょっと期待。まぁおそらく自社製ではないのでしょうが。
最近のマツダはやっと4AT地獄から抜けてきましたね。

2列目には新開発の「スーパーリラックスシート」をオプション用意するらしい。
これは、シートクッションチルト機構、前後調整できるオットマン、大型ヘッドレストなどを装備するという、ちょっと贅沢なシート。

こうやって見ると、フォルム・ミッション・サスペンション・剛性・室内のすべてがバーションアップしたのが分かりますよね。

ほぼ同時期にエスティマがフルモデルチェンジしてくるので厳しい戦いになるかと思うががんばれMPVexclamation×2
posted by evolv at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ車の紹介

新型MPVってどうなん?

| マツダ車の紹介

新型MPV


さて遂に2005年モーターショーにて新型MPVがお披露目されました。来年の春には発売されるとあって、そのフォルムは確定版のようです。
確かに前回のモーターショーに出展された次期MPVと言われた「鷲集」を考えるとかなり現実的なデザインにまとまってますね。




このMPV、1999年の現行型発売以来、ほぼ7年ぶりのフルモデルチェンジ。新型MPVは全長4870×全幅1850×全高1685mm、ホイールベース2950mm。現行モデルに比べて全長で60mm、全幅で30mm大きく、全高で60mm低くなった。長く、広く、低いプロポーションが特徴で、ホイールベースも 110mm延長した。
つまり全体的に大きくなり居住性もパワーアップという事ですね。
まぁ逆にいえば国内の細道は走り辛くなるわけなんですがたらーっ(汗)

エンジンは「アテンザ」などと共通の排気量2.3Lの直列4気筒ガソリン「MZR」エンジンに統一。現行の排気量3.0L・V型6気筒エンジンは使わないそうです。代わってラインアップされるのが、「マツダスピードアテンザ」に搭載されている2.3Lの直噴ターボエンジン。

今後、マツダはターボラインナップを増やしていくみたいですね。

とはいえ、V6が無いのも寂しいもんですがね
posted by evolv at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(2) | マツダ車の紹介

車の紹介:RX-8

| マツダ車の紹介

4人乗りの4ドアスポーツカーを、いくつものメーカーが目指したコンセプトをマツダがついに具現化したのがRX-8

2003(H15)年に登場した。最大の特徴は観音開きスタイルの4ドア。センターピラーがなくリアドアは後ろヒンジで開く。センターピラーをなくしたことで特に後席への足の出し入れがしやすくなり、乗降性はスポーツクーペの比ではない。しかも、リアドアはアルミ製の軽量タイプで扱いやすい。リアドアはフロントドアを開けてからでないと開かない構造で安全性を確保している(後ろだけ空けられたら良いなと思う時もあるたらーっ(汗))。後部座席の居住性は中距離なら我慢できる。スポーツカーに欠かせないパワーユニットも注目だ。自然吸気ながら最高出力 250psを発生する新開発の“RENESIS”ロータリーエンジンを搭載。軽量コンパクトというロータリーの美点はそのままに、高出力と環境性能を両立した新世代のロータリーエンジンである。前後の重量配分は50:50の理想値を確保。リアルスポーツカーと呼ばれたRX-7よりも極めて俊敏でリニアなステアリングフィールを実現した。タイプSには、クロスレシオの6MTを、その他のグレードには5MTもしくは4ATを組み合わせている。

今年のMCでは6ATの搭載と他社製だった6MTが自社製のものに変わると言われています。


新月 ベースグレード 252万円
新月 TYPE E 288万円
新月 TYPE S 288万円
posted by evolv at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | マツダ車の紹介
MAZDA関連ブログ記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。